お知らせ一覧

メーター取付用金具のご使用について

安全にご使用して頂くために必ずお読みください

 

日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

さて、弊社製品メーター取付用金具M130/M90の使用について下記の注意事項を
必ずお守り頂くようお願い申し上げます。

本品はメーターを取り付けるまでの間、ゴミ、水、虫等の侵入防止目的の使用またはエアーによる気密検査時のメーター代用品としての使用を目的としております。

本品を接続してのガスの使用は絶対にしないでください。

本来の用途以外のご使用はしないようお願い申し上げます。

製品メーター取付用金具M130/M90はこちらから

 

誤開放防止の為のガス栓カバー装着について

「ガス栓カバーを装着しましょう」

ガス栓カバーはガス栓のつまみ部分に被せる難燃性の樹脂キャップです。
燃焼器具が接続されていないガス栓のつまみが「閉」であることを確認し装着してください。ホースガス栓の誤開放防止の為、「ガス栓カバー」を装着する事をおすすめします。

【 誤開放とは? 】

燃焼器具が接続されてないガス栓のつまみを間違って開けてしまう事を言います。

左の写真または下記をクリックするとpdfがダウンロードできます。




誤開放事故防止「閉栓カバー」の名称変更についてのお知らせ

平成20年から(一社)日本エルピーガス供給機器工業会様で周知しておりますガス栓の誤開放事故防止対策品「閉栓カバー」についてですが、全国LPガス協会様の意向を受けまして、今後は「ガス栓カバー」と名称を変更することとなりました。

つきましては、一般消費者向け商品という観点からLPガス流通業界と歩調を合せる必要があると判断し、用語を統一することと致しました。

なお、製品、梱包への表示や消費者周知用資料への表記は、在庫との兼ね合いから順次対応とさせて頂きますので、ご承知おき賜りますようお願い申し上げます。

 

新製品発表のお知らせ

 

このたび弊社では新商品「機器接続ガス栓オスねじタイプ」の販売を開始いたしました。

開発理由といたしまして、従来の機器接続ガス栓(出口メスねじタイプ)の場合、入口形状がメスねじになっている燃焼器具との接続には、ニップル等の継手が必要となっていましたが、ガス栓出口形状がオスねじであれば上記の燃焼器具との接続には、継手を使うこと無くスマートかつスピーディーな施行が可能であると考えております。

あらゆる現場に対応出来るよう13種類の品番を取り揃えました。つきましては、従来品と同様にご愛願いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

UDシリーズ発表のお知らせ

この度弊社では新製品として露出配管用LPガス栓『UDシリーズ』を発表いたします。

近年、配管施工時間の短縮化、ガス栓の増設等による配管用フレキ管の使用割合が増えてまいりました。そこで配管用フレキ管と併せて使用できる露出配管用LPガス栓『UDシリーズ』を製作致しました。露出配管工法、配管用フレキ管工法、『UDシリーズ』、これらを組み合わせることで多くのメリットが考えられます。

露出配管にする事で、点検、修理、ガス栓の交換、増設などが容易に行え、配管用フレキ管を使用することで、配管部材の運搬、ねじ切りなどに伴う労力が減り、また仮設住宅など緊急、耐震性を要する場面でも大変有効であると考えられます。

そして『UDシリーズ』では、ガス栓の本体、入口、出口形状、取付方法などの組み合わせにより810品番をご用意致しました。数多くの現場でお客様のニーズにお応え出来ることと期待しております。

詳しくはこちらから>>

可とう管新製品発表のお知らせ

 

「可とう管Nシリーズ」と「可とう管バージョン追加製品」の新製品販売を開始いたします。
皆様方のご期待に十分添える製品になったと確信しております。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

 

 


ワンプッシュタイプからプッシュインパクトタイプへ仕様が変わります。

現在弊社にて販売しておりますワンプッシュタイプ製品に関して従来使用しておりましたワンプッシュタイプから、施工性と信頼性を高めたプッシュインパクトタイプへ仕様の変更を致します。製品は随時の変更となりますのでご了承ください。

また、現在当ホームページでは「ワンプッシュ」から「プッシュインパクト」へ製品案内の切り替え作業をしております。 写真、サイズなどが製品と異なる場合がございますので詳細につきましては、お問合せ頂ますようお願いいたします。

詳細につきましてはカタログダウンロードをご利用ください。

ホームページご利用の皆様にはご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。

なを、仕様変更に際しての価格・品番等の変更は御座いませんので従来通りでお願い致します。